困ったときの介護保険情報

介護保険を利用できる方
第1号被保険者
  • 介護保険65歳以上の方で、認知症や寝たきりで、入浴や排泄やお食事などの日常生活に介護が必要な方(要介護者)
  • 65歳以上の方で、日常生活の一部に援助が必要だが、少しの支援があれば生活を維持できるか、もしくは、もっと元気になれる可能性のある方(要支援者)
第2号被保険者
  • 40歳〜65歳未満の医療保険に加入している方で、16の特定疾病により、介護又は支援が必要になった方
    ※16疾病については、市役所等にお問い合わせください。

介護保険が使えるようになるまでの流れ

  1. 介護保険を使いたいと、市役所に相談(申請)する
  2. 調査員が使いたい本人に会いに行き、心身などの状況調査をする
  3. それと同時にかかり付けの医師が医学的な面からの情報を作成する
  4. 1次判定(コンピューターにて判定)介護保険
  5. 2次判定 (1次判定の結果をもとに、保険・福祉・医療の専門家が再度判定をする)
  6. 認定(非該当・要支援1・2、要介護1〜5)の結果が通知され、サービスを受けることができるようになる

サービスを利用するまでの流れ

非該当及び要介護または要支援状態になる可能性のある方
  (市が行なう、介護予防事業が利用できる場合があります)

  1. ご家族、地域住民、高齢者検診、保健師、民生委員などから連絡がある
  2. 対象となりそうな方のもとに、地域包括支援センターの職員が伺い、調査して対象者を決めます
  3. 対象となると、地域包括支援センター職員が担当となり、介護予防ケアプランを作成し、利用するサービスを決定します
  4. サービス利用(介護予防教室・訪問指導・施設サービスなど)
要支援1・2と判定された方(新予防給付の介護予防サービスが利用できる)
  1. サービスの利用を希望する場合は、地域包括支援センターに連絡する
  2. 心身の状況を包括支援センターが調査し、ケアプランを作成する
  3. サービスの利用開始
要介護1〜5と判定された方(介護保険のサービスなら全て利用可能になります)
  1. 介護保険サービスを利用する場合はケアマネージャを探します(居宅介護支援事業を行なっている事業所に、連絡して相談する)
  2. ケアプラン作成
  3. サービスの利用

介護保険で受けられるサービス

★介護度1〜5の方が受けられるサービス
在宅系サービス
  • 訪問介護(ヘルパー)
  • 訪問入浴
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 居宅療養管理指導
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
  • 特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム等における介護)
  • 福祉用具貸与
  • 特定福祉用具販売(福祉用具購入費の支給)
  • 住宅改修費支給
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
施設系サービス
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
★要支援1〜2の方が受けられるサービス
在宅系サービス
  • 介護保険介護予防訪問介護(ヘルパー)
  • 介護予防訪問入浴
  • 介護予防訪問看護
  • 介護予防訪問リハビリテーション
  • 介護予防通所介護(デイサービス)
  • 介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
  • 介護予防居宅療養管理指導
  • 介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)
  • 介護予防特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム等における介護)
  • 福祉用具貸与
  • 特定介護予防福祉用具販売(福祉用具購入費の支給)
  • 介護予防住宅改修費支給
  • 介護予防小規模多機能型居宅介護
  • 介護予防認知症対応型通所介護
  • 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
    ※グループホームは要支援2の方でないと利用できません
施設系サービス
  • 要支援の方は利用できません。

★在宅系サービスとは

  • このサービスは、家にいながらサービスを受けたり通いながらサービスを受けたりし、生活の拠点を自分の家として利用していくサービスです。

★施設系サービスとは

  • このサービスは生活の基本を施設とし、施設に寝泊り(入所)しながら介護を受けるサービスです。入所期間は施設によって様々で、3ヶ月〜終末までとなっております。要支援でも利用できる、認知症対応型共同生活介護は在宅系のサービスに属していますが、入所して利用できるサービスとなっており、他のサービスと少し性質が違うので注意してください。

介護保険ワンポイント

  • サービスは際限なく使えるわけではなく、介護度により支給(保険が適用できる)上限が決まっています。
  • 基本的にはその枠を超えないようにサービスを利用します。
  • 限度の枠を超えて利用すると、本来1割で利用できるサービスが全額自己負担しないと利用できなくなります。
  • その場合高額になる事も考えられるので十分注意してください。
  • サービスの中には、お泊りして、食事がでるサービスがあります。
  • これらを利用するとお部屋代や食事代を支払うことになりますが、制度の中にはこれらに係る金銭面での負担を軽くする制度もありますので、なるべく安い値段でサービスを利用する為にも、積極的に制度を利用しましょう。(但し、世帯の所得をみて減額できるかどうかの判断になるので、場合によって減額できないことがあります)
  • 介護度が変更すると、同じサービスであっても、利用料が変更となるので注意しましょう。
  • 介護保険認知症は、放っておくと急激に悪化する場合があります。
  • 早めにサービスを利用して、悪化しないように注意しましょう。

介護保険

→HOME

社会福祉法人 恵清会 : 〒399-0026長野県松本市寿中2丁目20番1号
Tel.
0263-86-6590 / Fax. 0263-86-5060